スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 出先 > 八雲食肉衛生検査所 >  食肉衛生検査所(業務内容)


最終更新日:2018年2月28日(水)


八雲食肉衛生検査所(業務内容)


 食肉衛生検査所の仕事 

 

● 食 肉 検 査

● 食 肉 衛 生 の 推 進

● 牛海綿状脳症(BSE)スクリーニング検査


食 肉 検 査

 牛、馬、豚、めん羊および山羊の5種類の家畜は、と畜場で処理される際に検査を受けて合格しなければ食肉として消費者へ提供することができません。

 八雲食肉衛生検査所では、所管する2カ所のと畜場において獣医師である検査員が家畜を一頭ごとに検査し、疾病にかかった家畜を排除するなどして安全な食肉の確保に努めています。

検査フロー図

         解体後検査のようす                 

       toubukensa



●頭部のリンパ節や筋肉、舌などの
  異常の有無を調べます。

内 臓 検 査
              豚内臓検査




●心臓、肺、肝臓、消化管、リンパ節
   などの異常の有無を調べます。
       牛内臓検査

枝 肉 検 査
                     豚枝

                     牛枝検査
   

●筋肉、脂肪、リンパ節、骨などの異常
   の有無を調べます。


          精密検査のようす

微生物検査

画像微生物検査

●細菌の分離培養や遺伝子検査などに
   より病原菌の特定を行います。
病理検査

画像病理検査

●顕微鏡を使って細胞や組織の状態
   を調べ、病気を診断します。
理化学検査

画像理化学検査
●分析機器などを利用して血液成分
   の異常などを検査します。



食肉衛生の推進

と畜場・食肉処理施設の衛生監視指導

● と畜場及びその敷地内にある食肉処理施設に定期的に立入り、「と畜場法」及び「食品衛
   生法」に基づき、施設・設備・機械器具などが衛生的に維持管理されているか、また処理作
   業が衛生的に行われているかについて監視し、不適切な場合は改善を指導します。

●器具消毒用温湯の温度など、法令で定
   められた衛生管理基準が遵守されてい
   るかを点検します。

 

● と畜場で処理された枝肉の表面、作業従事者の手指、施設の機械器具などの細菌検査
  
行い、この結果から自主衛生管理が適正に行われているかを確認し、不適切な場合は
   善を指導します。

拭き取り

●処理された枝肉の細菌検査を実施して
   います。

食肉中の残留動物用医薬品モニタリング検査

● 抗生物質や合成抗菌剤など動物用医薬品の食肉中への残留状況に関する検査を実施す
 ることにより、生産サイドが進める道産食肉の安全確保対策の検証を行います。

残留動物用医薬品モニタリング検査 ●家畜の飼育中に使用された抗生物質な
   どの人体に有害な物質が食肉に残留し
   ていないかモニタリングします

その他の業務

● 関連施設の監視・指導
 と畜場の給水設備、汚水処理施設などについても監視・指導を行い、衛生確保に努めています。

● 検査データの還元
 健康な家畜の生産に役立ててもらうため、検査に基づいた家畜の疾病動向等のデータを生産者に提供しています。

● 衛生教育・食肉衛生のPR
 家畜生産者から消費者まで、一人一人の衛生意識の向上が食肉の安全性確保に重要なことから、食肉衛生に関する情報提供に努めています。

● 調査研究
 食肉衛生に関する調査研究を実施し、検査技術の向上や衛生指導などに役立てます。


牛海綿状脳症BSEスクリーニング検査

 と畜場で処理される牛は、BSEスクリーニング検査に合格しなければ食肉として流通できません。                            

 スクリーニング検査は、BSEの病因因子といわれるプリオンの有無を目印のついた抗体を用いて検査するELISA(エライザ)法で実施しています。感度と迅速性に優れており、スクリーニング検査法としては現在最も優れた方法とされています。

 スクリーニング検査の結果が判明するまでの間、枝肉や内臓などすべての部位は保管されと畜場から搬出されることはありません。

 また、脳やせき髄などの特定部位は、スクリーニング検査の結果にかかわらず除去・焼却されます。

  ※厚生労働省は、平成29年2月13日付けの厚生労働省令第7号により「厚生労働省関係牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則」を改正し、平成29年4月1日から健康牛のBSE検査を廃止することとしました。

この法令に基づく検査の廃止に伴い、平成2941日から健康牛のBSE検査は実施しないことになりました。なお、24か月齢以上の神経症状等を示す牛のBSE検査は、引き続き実施します。

 -------BSE検査1--       BSE検査2-

と畜場における牛海綿状脳症(BSE)検査フロー

牛海綿状脳症検査フロー

ホームへ