スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  腸管出血性大腸菌による食中毒及び感染症の予防について


最終更新日:2013年11月25日(月)


腸管出血性大腸菌による食中毒及び感染症の予防について


 

腸管出血性大腸菌による食中毒及び感染症の予防について

 

 

 今般、北海道において腸管出血性大腸菌O-157食中毒が発生しました。

 

 今回の事例では、札幌市で製造された「白菜きりづけ」からO-157が検出されました。

  

 O-157による食中毒及び感染症を防止するため、以下のリーフレットを参照ください。 

 

 リーフレット 

 

   生活衛生課 食品保健係 0138-47-9552

   健康推進課 保健予防係 0138-47-9541