スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  道南“チーム不法投棄ゼロ”結成宣言


最終更新日:2012年12月20日(木)


道南“チーム不法投棄ゼロ”結成宣言


ゴミの不法投棄、ポイ捨ては許さない!!

道南“チーム不法投棄ゼロ”結成宣言

 

渡島・檜山の両支庁(現渡島総合振興局・檜山振興局)と両管内市町、警察などで構成する道南地域廃棄物不法処理対策戦略会議では、この度、各地で深刻な問題となっているゴミの不法投棄・ポイ捨てに対して、構成機関の連携と広域的な監視強化を図るため、「道南“チーム不法投棄ゼロ”結成宣言」を採択しました。

  

 ゴミの不法投棄やポイ捨ては、美観を損ねるだけでなく、自然環境を破壊し、生活環境を脅かす重大な環境犯罪であり、渡島管内でも近年、引越しゴミや産業廃棄物を捨てたりして、警察に検挙される悪質な事件が続いています。

 

 ゴミの不法投棄・ポイ捨ての撲滅には、地域住民と行政が一体となって、「不法投棄、ポイ捨ては絶対許さない」という地域社会を築き、監視の目を光らせることが大切です。地域の皆様の御協力をお願いします。

 

もし、不法投棄を見かけたら

 

 

道南“チーム不法投棄ゼロ”結成宣言

  道南は、美しい海岸線に囲まれ、古い歴史と伝統を誇る地域であり、この美しく豊かな自然

 に恵まれた環境を未来に引き継ぐことは我々の責務です。

  道南地域廃棄物不法処理対策戦略会議では、これまでも廃棄物不適正処理対策に力を尽

 くしてきたところですが、悪質な不法投棄など不適正処理が後を絶たず、道南地域の生活環

 境を脅かしています。

  我々は、不法投棄ゼロを目指したチームの一員として、道南の自然の番人となるべく、広

 域的な監視活動を強化し、不法投棄などを許さない地域社会の実現に向け、これまで以上に

 相互の連携を深め、不法投棄などの撲滅に全力で取り組むことを宣言します。

 

 1 道南の自然の番人となるべく、関係機関連携のもと監視パトロールに努めます。

 2 道南の自然の番人となるべく、ごみの不法投棄やポイ捨ては許さず、厳しい姿勢で臨み

  ます。

 3 地域と一体となって取り組むため、不法投棄等撲滅を地域社会に訴え、地域美化清掃活

  動などを通して環境教育の充実、普及啓発を図ります。

 

   平成21年5月28日

 

                              道南地域廃棄物不法処理対策戦略会議