スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  渡島のひぐま


最終更新日:2018年1月09日(火)

渡島のひぐま


渡島のひぐま

日本では陸上最大の野生動物であるヒグマ。
「渡島のひぐま」は、このヒグマについての、北海道渡島半島地域からの情報発信サイトです。ヒグマの生態や地域のくらしのほか、実際にヒグマのいる山野に出かけるときの安全対策に関する情報、地域での出没や農業被害に対応するアイデアも紹介しています。
 また、ちびっこのみなさんには、ヒグマがどんな動物かを楽しく学習できるよう、電子かみしばいを用意しました。子ども向けですが、おさらいクイズもありますので、ぜひチャレンジしてください。

ヒグマの画像

豊かな北国の自然

現在作成中です。

ヒグマはどんな動物か

現在作成中です。

ヒグマと地域のくらし

現在作成中です。

ヒグマと出会わないために

現在作成中です。

ヒグマの出没・被害対策

現在作成中です。

ヒグマデータの解説

現在作成中です。

用語集

現在作成中です。

森のヒグマのお話し(こども向け)

現在作成中です。

お知らせ

道総研パンフレット「ヒグマとのあつれきを避けるために -ヒグマのこと、もっとよく知ろう-」について

北海道立総合研究機構 環境科学研究センターと林業試験場によって作成されたパンフレットが次のページに掲載されています。ヒグマの生態やヒグマの捕獲状況からわかること、ドングリの結実調査に関することなどが解説されています。こちらも ぜひご参照ください。
「ヒグマとのあつれきを避けるために」掲載ページはこちら

「電気柵で守る」のページを更新しました。

紋別郡遠軽町からご提供いただいた映像データを掲載しました。こちら(wmvファイル)

「ヒグマ出前教室」

ヒグマのこと、どのくらい知っていますか?北海道のほとんどの地域には、ヒグマが生息しており、野外活動などで、ヒグマに出会う可能性は充分にあります。ヒグマのことを知り、その習性にあわせて対策を考えることは、安全への第一歩です。そのことからヒグマのことを知ってもらうため、次の資料のとおりヒグマ出前教室を実施しております。ご覧いただき、ご興味がございましたら、ぜひ、ご照会ください。
「ヒグマ出前教室」案内チラシ(現在作成中です。)
ヒグマ出前教室実施要領(現在作成中です。)
申請用紙〈第1号様式〉 (現在作成中です。)

「電気柵の貸出し」

 渡島総合振興局では、「人とヒグマの共存」をめざして、被害の未然防止を推進しています。
 ヒグマはいったん“簡単に”“おいしい”食べ物が人里で手に入る事を覚えてしまうと、何度も人里にやってくる「問題グマ(悪いクマ)」になってしまいます。こうなってしまったヒグマは捕殺するしかありませんが、中には頭の良いクマもいて、簡単に捕獲できるわけではなく、また、捕獲するための人材やワナにも限りがあります。それに、たくさん捕殺してしまうと、渡島半島のヒグマが絶滅してしまう心配もあります。
 人とヒグマが共存するためには、ヒグマに作物の味を知られないよう、被害が起こる前から被害対策に取り組むことが必要なのです。
 その手段として、電気ショックによる恐怖心から心理的にヒグマを畑に寄せ付けない「電気柵」は効果的です。ぜひ、この機会を利用して、電気柵の効果をお試しください。
チラシ「電気柵をお貸しします」(pdf)
ヒグマ等被害防止用電気柵貸出要領(pdf)
申請用紙〈第1号様式〉(word)

「クマとの調和した暮らし」

人とクマとのより良い関係づくりのヒントとなる「クマとの調和したくらし Living in Harmony with Bears」を掲載しました。これは「アラスカオーデュボーン協会」が作成し、北海道参画の「北方圏フォーラム ヒグマワーキンググループ」が和訳したものです。クマの生態が分かりやすく解説されており、ヒグマによる事故や被害の防止にも役立つ内容ですので、どうぞご覧ください(2008年6月16日)。
「クマとの調和したくらし Living in Harmony with Bears 」(本文1p~16p)(pdf)
「クマとの調和したくらし Living in Harmony with Bears 」(本文17p~37p)(pdf)

写真・資料提供 環境科学研究センター 自然環境部 道南地区野生生物室

当ホームページへのリンクをする際は、下記連絡先までご一報ください。

リンクバナーです。リンクいただく際にご利用ください。

バナー

このページに関するお問い合わせ
〒041-8558 北海道函館市美原4丁目6番16号
北海道渡島総合振興局保健環境部環境生活課自然環境係
電話番号:0138-47-9439
FAX番号:0138-47-9205