スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 西部森林室 >  林業グループ


最終更新日:2018年3月26日(月)

林業グループの紹介

  林業グループは森林・林業に関する技術と知識の向上と山づくりを通して、会員相互の交流と親睦を深めるとともに地域林業の発展に寄与することを目的に活動を行っています。

  渡島西部管内には、林業グループは1つしかありませんが、その分、他の地域の林業グループとの交流を積極的に行い情報の共有を図ったり、様々な学習会や地域のイベントなどに参加するなど、積極的に活動を行っています。

  

松前町「松前アスナロ研究グループ」

  平成17年6月に結成されヒノキアスナロ(ヒバ)の研究及び林業の総合的な技術・知識を学び地域林業の発展に寄与することを目的に活動を行っています。

松前アスナロ研究グループの行っている活動内容については主に次のようなことを行っています。

  1. 挿し穂(ヒバ)による苗木づくり
  2. 裸地造林による早期に収穫できる造林技術の習得
  3. ヒバ漏脂病対策のための強度の間伐による保育技術の確立
  4. ヒバ苗木無料配布による地域貢献型緑化活動

  

  

  

  

BACK → 林業普及指導(普及課)のページへ