スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 西部森林室 >  入林者の皆様へ〔管理課〕


最終更新日:2020年9月11日(金)


入林者の皆様へ〔管理課〕


道有林における狩猟入林の新たな規制について

狩猟者及び道民の皆様への注意喚起

 ○銃猟立入禁止区域図について

令和2年度から、道有林及び国有林に共通の銃猟立入禁止区域図(WEBマップ)のみを公開することとし、いち早く最新の内容が表示されるようにしています。(※昨年度までの「狩猟区域図(PDF図面)」はありません。)

 銃猟立入禁止区域図は、各種法令等による狩猟禁止区域のほか、観光地や木育イベント等で道民が頻繁に入林する区域や道有林野事業を実施する区域など、入林者の安全確保のため狩猟を禁止する区域、開放林道や狩猟通行路線(*)を示した図面です。

 *「狩猟通行路線」とは、11月1日から狩猟期間終了までの間の土・日・祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)に限り狩猟を目的とした車両(スノーモービルを除く。)の通行を認め、開放する路線です。

 銃猟立入禁止区域図は随時更新(毎週金曜日更新)しますので、入林される際には、必ず最新の内容をご確認の上、入林してください。

 北海道森林管理局のHPからアプリをインストールすると銃猟立入禁止区域図のダウンロード版も利用できます。(ダウンロード版は携帯電話の通信圏外でも図面や現在地が表示可能です。)

 北海道森林管理局WEBマップのアドレスとQRコード

     https://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/apply/nyurin/attach/jyuukinnzu.html

         QRコード

  ~入林者の皆さんへ~

 

  道有林野へ入林しようとする場合、次の手続きが必要です。

 

 1 登山・山菜採り・魚釣り・森林浴など個人的に入林される場合

  入林の際に、主な道有林入り口に備え付けの入林届に必要事項を記入するか、
  あらかじめ入林届を提出してください。

   入林届様式 Word2003 一太郎2004


 2 次の目的で入林する場合は、入林承認申請書を提出してください。

 (1)測量、生態調査等の現地調査                                                          (2)自衛隊の演習、登山大会等
 (3)狩猟(エゾシカ狩猟一括入林承認以外)                                                                                                                                

   入林承認申請書様式 Word2003 一太郎2004

  ※入林承認申請書には、入林の内容に応じて添付書類が必要になる場合が
   ありますので、詳細については管理課管理係までお問い合わせください。  

 

 3 狩猟入林届(銃猟を目的とする入林)の手続きについて(一括入林以外の入林手続き)

 ○ 道有林(渡島東部管理区)内で銃猟をする場合は、「狩猟入林届(銃猟を目的とする入林)」、「入林者名簿」及び「確認書」を提出する必要があります。(※狩猟入林届は、森林室に持参、郵送及びメールによる届出が可能です。)

 ○ 「狩猟入林届(銃猟を目的とする入林)」を提出する際は、北海道知事が発行する狩猟者登録証の写しを添付してください。

 ○ 代表者による狩猟入林届(2名以上)の場合も入林者全員の「確認書」を添付(提出)してください。(※「確認書」については、必ず署名(本人自署)してください。)

 ○ 林道ゲート鍵の貸し出しは行っておりません。

 *「狩猟入林届(銃猟を目的とする入林)」、「確認書」、「入林者名簿」は下記からダウンロード可能です。

 ○狩猟入林届

 ○入林者名簿

 ○確認書

4 道有林野への銃猟入林に際しての注意事項等(注意事項)について

 道有林野には可猟期間中も、一般入林者のほか、造林・造材事業や治山・林道土木工事の事業者などが入林しています。

 これらの入林者の安全を確保し、狩猟に起因する事故を未然に防止するため、必ず「道有林野への銃猟入林に際しての注意事項等(注意事項)」をご理解いただき、内容を遵守してください(遵守いただくことが入林の条件となります。)。

「道有林野への銃猟入林に際しての注意事項等(注意事項)」(PDF形式)

5 エゾシカ狩猟一括入林承認を希望される場合

    水産林務部森林環境局道有林課へ申請してください。

   【道有林課ホームページ

6 道有林課のページから北海道森林管理局のホームページに行くことができます。

  以下のアドレスから、国有林・道有林のエゾシカ狩猟規制区域を確認できます。

  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/dyr/R1syuryoukuikizu.htm

7 無人飛行機の使用申請書について

  道有林野内において無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を飛行させる場合は、入林承認申請書のほかに、「無人航空機の飛行実施申出書」(Wordファイル)(JTDファイル)を添付して、事前に渡島総合振興局西部森林室にご連絡の上、必要な手続きを行ってください。また、飛行に際しては、航空法等の法令を遵守するとともに、以下の点にご留意願います。

(1)航空法等の法令に基づく手続は、原則として使用者本人が行ってください。特に、森林内では障害物が多く、常時監視ができないことも想定されることや、観光地での飛行方法等によっては航空法に基づく許可等手続が必要となる場合がありますので、ご留意願います。

(2)希少な野生生物が生育・生息している場合は、当該箇所及びその周辺での飛行をご遠慮いただくことがありますので、ご承知願います。

(3) 無人航空機による事故が発生した場合や無人航空機を紛失した場合は、速やかに、森林室にご連絡願います。

(4) 一般の入林者や道有林野事業の受託者等への危害又は迷惑行為は行わないでください

参考:国土交通省 航空局(外部リンク)

無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行ルール

無人航空機に関するQ&A

無人航空機に係る規制の運用における解釈について


                      入林に当たっての注意事項

  1.入林する方は、備え付けの入林届に必要事項を記入するか、あらかじめ入林届を提出して
    から入林してください。
遭難事故防止のためにもなりますので、下山時刻は忘れずに記載
    してください。また、家族にも詳しい動向を知らせるなど、連絡を密にしてください。

  2.4月から6月は、空気が乾燥しやすく、山火事が発生しやすい危険な時期です。山火事を
    防止するためにもたばこ等の火気取扱いには十分注意し、歩きながらの喫煙や吸い殻のポ
    イ捨ては絶対に行わないでください。

  3.林道は、森林を整備・管理するための道路です。道幅が狭く、カーブがきついため見通し
    が悪く、急勾配であるうえ凹凸もあり、非常に走りづらい道路です。また、大雨などによ
    り、道路が決壊したり崩落するなど危険も伴います。通行の際は事故などのないよう、安
    全運転を心がけてください。

  4.クマの出没が非常に多い地域ですから、クマに襲われないような心構えと準備が必要で
    す。単独行動は避け、笛や鈴などを携帯しましょう。

  5.道有林内において事故等が発生しても、当センターでは責任を負えませんので、ご了承く
    ださい。

  6.道有林は道民の財産です。ゴミは必ず持ち帰ってください。      


 

提出先

〒049-1517 松前郡松前町字朝日495-9
渡島総合振興局西部森林室 管理課
TEL 0139-42-2013、FAX 0139-42-5016