スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 東部森林室 >  道有林へのゴミ不法投棄の監視強化

渡島の分類: 産業・経済 > 森林・林業

最終更新日:2014年6月09日(月)


道有林へのゴミ不法投棄の監視強化


道有林へのゴミ不法投棄の監視を強化します。  

        渡島総合振興局東部森林室が管理する林道は、路面が荒れて通行に支障が見込まれ
    るなど、 安全管理の観点からゲ-トに施錠をしている場合を除き、原則的には一般車両
    の通行が可能となっておりますが、かねてからゴミの不法投棄が頻発しており、 投棄者が
    特定できない場合などでは、やむなく公費支出による廃棄処理を行ってきました。

         このため、5月から総合振興局林務課、環境生活課をはじめ、管轄警察署や地元の市町
    村、森林組合と十分連携を図り、道有林内へのゴミの不法投棄監視体制の強化を図ること
    としました。

        以前からゴミの投棄が確認されている道有林内の林道を重点的巡視路線とし、注意喚起
    看板の設置と定期的な巡回により現況把握と通行者に対する指導を強化します。
        また、一部の路線に監視カメラを設置し、悪質な行為に対しては、厳しく対応することとし
    ました。
       不法投棄を発見しましたら、下記にご連絡くださるよう、ご協力をお願いいたします。


                                                               函館市柳町14-24
                                                                   渡島総合振興局東部森林室管理課
                                                                    電話 0138-51-4611


     【道有林林道等への監視カメラの設置(水産林務部森林環境局道有林課ホームページ】
                           http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/dyr/H26kansikamera.htm