スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 東部森林室 >  地域と道有林が連携した森林づくり推進事業


最終更新日:2016年3月25日(金)


地域と道有林が連携した森林づくり推進事業


~地域と道有林が連携した森林づくり推進事業~

 平成25年度からスタートした新たな道有林基本計画では、これまでの基本方針を見直し、道有林が有する森林資源や技術の活用により地域へ貢献するため、「道民や地域と連携した森林づくりの推進」を新たな基本方針として示し、重点的に取り組んでいくこととなりました。
 そこで、渡島東部森林室では道有林と地域との林業技術・技能の共有化や情報発信を進めるため、「人工林間伐促進のための施業方法情報共有事業」ということで、地域の林業関係者の皆様にご参加いただき、現地検討会を開催しました。

 【開催結果】 

  ポイントマーク 平成25年10月30日(水)開催

人工林間伐促進のための施業方法情報共有事業・現地検討会開催結果(PDF 1.85MB)

  ポイントマーク 平成26年 9月25日(木)開催

人工林間伐促進のための施業方法情報共有事業・現地検討会開催結果(PDF 885KB)

  ポイントマーク 平成27年10月15日(木)開催

人工林間伐促進のための施業方法情報共有事業・現地検討会開催結果(PDF 658KB)

 

 

どんぐりライン

HOME