スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 東部森林室 >  みどりのトンネル 松前藩戸切地陣屋跡


最終更新日:2018年12月27日(木)


みどりのトンネル 松前藩戸切地陣屋跡


             松前藩戸切地陣屋跡 (まつまえはんへきりちじんやあと)                 

現況写真                                                               
 春 表御門と桜    春 表御門前の桜並木    
 写真1  写真2
                                                            [H23.05.16撮影]                                                               [H23.05.16撮影] 

   春 道96号線沿いに看板  

   春 陣屋跡の説明板 
写真3  写真4
                                                            [H23.05.16撮影]                                                                 [H23.05.16撮影]
所在地                                                                
  北斗市野崎    
概要                                                                
  蝦夷地の防衛を強化する目的で幕府は安政2年(1855)に松前藩に命じて陣屋を構築させ、その四稜郭の陣屋には17棟の建物があり、約120人が守備にあたっていた。
    この陣屋は、現在の北斗市の市街地から約5kmほど内陸に入った函館湾を見渡すことのできる見晴らしのよい高台に築かれたものである。
    昭和54年から国、道の補助を受けて環境整備を行い平成13年に完成。現在では憩いの空間として親しまれている。
    陣屋に続く長い道路には桜が植えられており、春の満開時期には桜のトンネルとしてたくさんの人々の目を楽しませてくれる。 
略図                                                                
位置図 
特記事項                                                             
 ■駐車場  有   トイレ  有   アクセス  函館江差自動車道北斗市中央ICより道道96号線を北
   上し、看板を左折。           その他  5月に陣屋桜まつりが開催。