スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  馬鈴しょの奨励品種決定現地調査ほを設置(函館市)

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2013年4月22日(月)


馬鈴しょの奨励品種決定現地調査ほを設置(函館市)


馬鈴しょの奨励品種決定現地調査圃場を設置しました(函館市)

北海道では優良品種を決めるための「奨励品種決定現地調査」ほ場を全道各地に配置しており、函館には馬鈴しょの試験が設置されます。

渡島農業改良普及センターは、4月16日にJA函館市亀田の協力を得ながら馬鈴しょ奨励品種決定現地調査の設置作業を行いました。場所は栽培委託農家である函館市の北海道指導農業士青島實さんのほ場です。青島さんのほ場自体は降雨の前の4月14日に植え付け作業を行いましたが、試験区の植え付けは雨の合間での作業となりました。

今後は馬鈴しょの生育と収量を調査して、道南での適応性が高い生食用・加工用品種の選定のためのデータ収集を行います。

 

関係機関と協力しての作業

畦に等間隔にいもを置き、土をかけます

関係機関と共に作業します

植え付けの様子
(等間隔に置いたいもに土をかけます)