スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  風の子もちの直播栽培に挑戦

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2016年8月31日(水)


風の子もちの直播栽培に挑戦


風の子もちの直播栽培に挑戦(八雲町)

  八雲町の東野受託組合は地域農家の水稲栽培の作業を受託するために平成27年に発足しました。同組合は、育苗管理と移植作業の軽減を目的に湛水直播に取り組み風の子もちで試験栽培に取り組んでいます。昨年は、隣接する移植ほ場と同等の収量を確保できましたが、精籾重が約500kg/10aと少なかったため、今年は施肥やは種量を見直し、精籾重600kg/10aの収量を目指し再度挑戦しています。
 苗立ち状況も良く、順調に育っており秋が楽しみです。

播種作業の様子 

 播種状況

は種作業

は種状況(5月23日)
6月9日  7月8日 
 6月9日(は種後17日目) 7月20日(左:直播、右:移植)