スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  第三者継承で新規参入(八雲町)


最終更新日:2018年2月06日(火)


第三者継承で新規参入(八雲町)



 

 八雲町舟田正克氏から相馬博幸・春子夫妻への経営継承の認定式が行われました。調印式は、八雲町役場で町長、農業委員会長、JA新はこだて八雲基幹支店長、渡島北部地区指導農業士・農業士会長、渡島農業改良普及センター渡島北部支所長や農家研修に係わった方々の出席で行われました。八雲町では、酪農家の第三者継承は昨年の森田牧場に続き2件目です。
  相馬牧場では、粗飼料生産と飼料供給を町内(春日)のTMRセンターに委託し、機械装備を節約した酪農経営を目指しています。
 普及センターを始め八雲町担い手センターでは研修から経営計画作成、経営移譲の取り決め等を支援して参りました。
  高齢化と後継者不足による農家減少を解決するため、八雲町では今後も、新規参入希望者の受け入れを支援していきます。


新規参入する相馬夫妻  調印式参加者による記念撮影 

 新規就農する相馬夫妻

 調印式参加者による記念撮影