スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  大野農業高校がGAP模擬審査を受審


最終更新日:2018年3月12日(月)

大野農業高校がGAP模擬審査を受審 


 北海道立大野農業高等学校ではJGAP認証取得を通じて、農場の適正管理とそれに対する学生の意識向上を促す取り組みを進めています。 
 取り組みの一環として2月8日~9日の2日間、北海道有機認証センターより講師を招いて模擬審査を受審しました。
 当日は学生と教員15名程度が参加し、講師の意見に熱心に耳を傾けていました。

 模擬審査は実際の審査方式で行われ、1日目は面談による管理書類と経営者の心構えを確認し、
2日目は作業現場に出て、管理状況を確認しました。
 審査終了後は教室に戻り、講評と今後に向けた助言をいただきました。

 今後は夏頃行われる本審査に向けて、今回の指摘事項を改善していく予定です。

作業場の管理状況について審査中 
作業場の管理状況を審査中

審査結果の講評を聞く農高性
審査後には講評と助言をいただきました

このページに関するお問い合わせ
〒041-1214 北海道北斗市東前74-4
電話番号:0138-77-8242
FAX番号:0138-77-8187
メールアドレス:oshichu-nokai.11@pref.hokkaido.lg.jp