スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  食べる・たいせつフェスティバルに道南有機ネットが参加

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2014年3月05日(水)


食べる・たいせつフェスティバルに道南有機ネットが参加


<道南有機農業ネットワーク>

食べる・たいせつフェスティバルに
道南有機農業ネットワークが参加

 平成24年10月14日(日)に函館市西桔梗の流通ホールにおいて「食べる・たいせつフェスティバル2012in函館」(主催:コープさっぽろ)が開催され、渡島・檜山両管内で構成された道南有機農業ネットワークが参加しました。
 当日は、道南有機農業ネットワーク参加者から7団体・個人(うち渡島から6団体および個人)と事務局が参加しました。生産者は自ら生産して会場に持ち込んだ農産物や加工品について、特徴を説明しながら販売し、消費者の方々と交流を図りました。また、道南有機農業ネットワークのコーナーで買い物をしていただいた方に対して抽選会を行い、消費者の方々に有機農業やクリーン農業に興味を持ってもらえるようにしました。

 道南有機農業ネットワークでは、今後も消費者の方々に有機農業について知ってもらう活動を継続し、有機農産物の販路拡大を支援していきたいと考えています。

ステージ

 食べる・たいせつフェスティバルのメインステージ
調理教室などが行われました

道南有機農業ネットワークパネル類

道南有機農業ネットワークブースのパネル類
有機農業や特別栽培・クリーン農業の説明ポスターなどが貼られました

清水・大久保準備状況

築城・吉田販売の様子

出展者の陳列準備状況
(中央:駒ヶ岳ファーム大久保、右:しみず農園)

出展者の販売状況
(左2名:さわやかふぁーむ、右:ついき農園)

ガロハーブガーデン接客

たねまき倶楽部販売の様子

出展者が消費者に説明する様子
(中央:大沼ガロハーブガーデン)

出展者による陳列説明の様子
(左:たねまき倶楽部) 

せたなオーガニック倶楽部と事務局による抽選会

生産者同士の交流

 檜山からの参加団体(左:せたなオーガニック倶楽部)
と事務局による抽選コーナー

渡島と檜山の生産者同士も交流しました