スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  (森町重点地区08)森町トマト生産振興協議会全体報告会

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2013年2月07日(木)


(森町重点地区08)森町トマト生産振興協議会全体報告会


森町トマト生産振興協議会全体報告会(森町重点地区)

 1月22日(火)、濁川活性化センターで、森町トマト生産振興協議会全体報告会が開かれ、その中で普及センターの重点活動の結果を報告しました。
 普及センターからは、H24年の試験実施報告として「マルチの違いによる地温の変化」、「フスマ施用試験」、「品種比較」、「防除薬剤」の説明を行いました。
 マルチについては、抑制作型では地温抑制のために白黒ダブルマルチを推奨することを伝えました。フスマ施用試験については、フスマの施用による褐色根腐病軽減効果についてを説明しました。品種比較では、抑制作型におけるトマト3品種の比較結果を説明しました。
 防除薬剤については、ローテーション散布による農薬の効果的な使い方について説明しました。  
 平成24年度の春・秋トマト生産販売額は約6億円で、前年並みとなりました。

説明者の齊田専門普及指導員 

参加者の様子 

試験結果について説明する齊田専門普及指導員

報告会の様子(出席者約15名)