スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  (七飯町重点地区06)トンネル野菜の播種作業が始まりました

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2013年3月26日(火)


(七飯町重点地区06)トンネル野菜の播種作業が始まりました


重点地区でトンネル野菜の播種作業が始まりました(七飯町重点地区)

 3月17日、蒜沢地域でトンネル野菜の播種作業が始まりました。
  普及センターは、蒜沢地域(大川)に積雪ポールを設置し、融雪(積雪)情報を提供して、融雪促進を促しています。
 今年は、平年より降雪量が多く大変でしたが、重点地区の積雪深調査地点では、4回の融雪材散布で3月11日に融雪が完了しました。
 3月17日は、久しぶりの晴天に恵まれ、2戸でトンネルマルチ栽培のだいこん播種作業が行われました。
 これから、天候を睨みながら、トンネルマルチ栽培のにんじん播種作業が最盛期になっていきます。

積雪深推移の図

播種作業の様子

積雪量は、昨年と比べると少ないものの、
平年より多く、2月は融雪が進みませんでした。

播種作業中の平野さんです

トンネル資材の端に土をかけています

播種作業終了後の様子

中出さんの圃場では、仕上げの培土作業を
していました。

右側は表土がうっすらと乾いています。

晴天のうちに約30aの播種作業が
無事終了しました

左側が一部白いのは、融雪材を散布していない
部分で雪が残っています。