スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  (七飯町重点地区07)にんじん品種比較試験圃を設置

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2013年3月29日(金)


(七飯町重点地区07)にんじん品種比較試験圃を設置


にんじん品種比較試験圃を設置しました(七飯町重点地区)

  3月26日、時折小雪が舞うなかで、蒜沢地域でにんじん品種比較試験圃を設置しました。
  普及センターは、蒜沢地域でにんじんトンネルマルチ栽培の早期作型に適した品種を選定するために試験圃を設置しています。
 蒜沢地域におけるトンネル野菜の播種作業は、17日からだいこん、25日からにんじんの播種作業が始まり、4月上旬が最盛期と予想されます。

マルチを敷いて播種床を準備

手作業で種をまきます

平野さんに6条の有孔マルチを
敷いてもらいます。
試験圃の部分だけは、種子が出ないように
調整しています。

各品種をマルチ穴に播種します。
寒風で手がかじかみました。

播種作業中の新函館農協:国重氏(左側)、
普及センター:日根専門普及指導員(右側)