スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  (北斗市重点地区01)冬期懇談会を開催

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2014年1月28日(火)


(北斗市重点地区01)冬期懇談会を開催


冬期懇談会の開催(北斗市重点地区)

 平成26年1月21日、本所調整係の重点地区で冬期懇談会が開催され、農業者21名が参加しました。
 普及センターから、YES!cleanトマトの秀品率改善の取り組みや、水稲新品種「きたくりん」導入経過について、今年度の活動経過を報告しました。また、農業センサスに基づく東開発地区の将来予測についても、情報提供を行いました。
 農業者からは、作物の技術改善についての質問だけでなく、農業政策の変化や担い手の高齢化に伴い、地区の将来を皆で考えていかなくてはならないという声が多く聞かれました。 
 次年度は重点活動の区切りとなる5年目を迎えます。普及センターは次年度も重点地区農家に対して、支援を行っていきます。

対馬支部長

金澤次長

冬期懇談会の開催挨拶
(対馬支部長)

普及センターからの挨拶
(金澤次長)

金ヶ崎専門普及指導員

向川調整係長

トマトの秀品率改善について説明
(金ヶ崎専門普及指導員)

水稲新品種「きたくりん」について説明
(向川調整係長)

萩原普及職員(右)

懇談会の様子

野菜の反収と単価について説明
(萩原普及職員 右)

懇談会に参加した重点地区農業者のみなさん