スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 渡島農業改良普及センター >  (七飯町重点地区01)現地研修会を開催(14)

渡島の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2014年6月23日(月)


(七飯町重点地区01)現地研修会を開催(14)


現地研修会を開催(七飯町重点地区)

 6月13日(金)、本所第1係の重点地区で現地研修会を開催しました。当日はあいにく雨模様でしたが、蒜沢地区の平野博章氏の倉庫に7名の生産者が集まり、次の内容で実施しました。また、トンネル資材の試験ほ場に出向き、実際に生育の違いを見ながら研修を実施しました。
  
  1 気象の推移と3ヵ月予報について
  2 にんじんの肥大調査と出荷予定について
  3 にんじんPO資材試験結果について
  4 後作緑肥(チャガラシ)、炭資材について

 普及センターは、今後も高収益野菜の安定生産を目指し、活動を進めていきます。

白岩蒜沢支部長

にんじんを計測

研修会の開催挨拶をする蒜沢支部長の
白岩氏(左から2人目)

にんじんの肥大状況を生産者と一緒に調査し、
          その場で結果を報告

日根専門普及指導員

佐藤専門普及指導員

にんじんの生育状況とPO資材試験について説明
  普及センター 日根専門普及指導員(中央)

気象の推移と今後の予報について説明
普及センター 佐藤専門普及指導員(右端)

前野係長

深尾専門普及指導員

 後作緑肥のチャガラシについて紹介と活用を推進
      普及センター 前野係長(左端)

      炭資材の紹介と試験について説明
  普及センター 深尾専門普及指導員(中央)

 斉藤次長

PO資材試験ほ 

   普及センターの重点地区活動について説明
      普及センター 齋藤次長(左端)

         にんじんのPO資材試験ほで
      実際に生育の違いを全員で確認しました