スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  八雲中部地区概要


最終更新日:2016年12月16日(金)

 やくもちゅうぶ                                                                           八雲中部 地区概要

 

 事業名  農地整備事業(通作条件整備) 
 工 期  平成26年度~平成31年度
 所在地  八雲町大新、熱田、浜松、山越、野田生
 地域の現状と課題

   八雲町の経営形態は、酪農・畜産経営が大半を占め、一部馬鈴しょなどの畑作経営、餅米を栽培する稲作経営が営まれている。
 本路線は、昭和46年から昭和58年にかけて広域営農団地農道整備事業「八雲中部地区」で整備されてから約30年が経過し、乳業工場の位置が変更したことにより輸送経路に変化が見られ、路線の一部に粘性土壌に起因する不等沈下が発生しており、農業車輌の通行に支障をきたしている。

 事業の目的
   農道修繕等の農道保全対策により維持管理費の節減を図るとともに、農産物物流、通作道路としての機能の保全、ライフサイクルコストの低減や長寿命化を図る。
 主要作物    水稲、馬鈴薯、乳用牛
 総事業費  152,800千円 
 事業の概要

 点検診断1式

 農道修繕工L=2,550m

 農道保全工(法面対策工)N=4箇所

 整備状況  yakumotyuubunoudou 
 概要図  平面図