スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  渡島の農業(土壌)


最終更新日:2019年6月24日(月)

渡島のあらまし

土壌

 渡島管内には、駒ヶ岳、渡島大島、恵山などの火山があり、噴火にともなう火山灰などが広く分布しています。
 駒ヶ岳を中心に火山放出物未熟土が南北に長く分布しており、この土壌は腐植が極めて少なく、保水性、保湿性の小さな土壌です。
 また、津軽海峡沿いの台地・丘陵地に分布している黒色火山性土は、数種の細粒火山灰が累積した腐植含量の極めて多い土壌で、腐植層の厚さも30cm以上に及んでいます。
 火山性土の土壌に比べて面積はわずかですが、泥炭土が八雲町、知内町の海岸砂丘後背湿地や北斗市、七飯町にかかる大野川下流の低湿地に分布しています。

参考データ等

土壌


このページに関するお問い合わせ
〒041-8558 北海道函館市美原4丁目6-16
渡島総合振興局産業振興部農務課
電話番号:0138-47-9491
ファックス番号:0138-47-9212
メールアドレス:oshima.nomu1@pref.hokkaido.lg.jp
      迷惑メール対策のため「@」を全角文字にしています。
      送信の際は、お手数ですが半角に変更願います。