スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  渡島の農業(畑作物)


最終更新日:2018年12月03日(月)

農業生産(農産)

畑作物

 畑作物は、馬鈴しょが基幹作物であり、平成28年産では畑作全体の約40%を占める880haが作付けされています。主な産地は函館市(435ha)ですが、平成7年産と比較すると半分の面積まで減少しています。主な品種は、男爵、さやか、メークイン、トヨシロ、キタアカリ、北海50号、きたかむいなどが栽培され、温暖な気候を活かし、道内でも早くから新じゃが出荷が始まる地域です。
 近年、一部の地域では土地利用型の農業経営を目指し、小麦、大豆、水稲乾田直播などの土地利用型作物の輪作による経営を実践する経営体あり、平成26年以降小麦、大豆などの土地利用型作物は増加の傾向にあります。
 また、大豆の主な品種はトヨムスメが栽培されており、次にゆめのつる、スルムスメなどが栽培されています。
 てんさいは平成7年度以降、ほぼ横ばいの作付け面積で推移しています。

参考データ等


畑作物作付面積推移
 
 
 ●大豆栽培風景
 大豆栽培写真

このページに関するお問い合わせ
〒041-8558 北海道函館市美原4丁目6-16
渡島総合振興局産業振興部農務課
電話番号:0138-47-9491
ファックス番号:0138-47-9212
メールアドレス:oshima.nomu1@pref.hokkaido.lg.jp
      迷惑メール対策のため「@」を全角文字にしています。
      送信の際は、お手数ですが半角に変更願います。