スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  ブリ(イナダ)の飯すしの試食会の実施


最終更新日:2018年2月05日(月)

ブリ(イナダ)の飯寿司の試食会の実施
 

1 はじめに

 

 近年の海洋環境の変化などにより、道内では、ブリの漁獲量が増加傾向にあり、渡島総合振興局管内は、全道一のブリの水揚量(H28:8,225トン)を誇っています。 

 特に、南かやべ地区を中心に函館市は、市町村別で全国3位(H27)のブリの水揚量です。

 

 そこで、新たな地域産品であるブリを売り込むため、渡島総合振興局では、平成30年度から2年間、振興局の独自事業として、料理コンテストやPRイベントの開催など「ブリの消費拡大推進事業」を展開することを検討しています。

 

  ブリの水揚げ写真   ブリの水揚げ写真2

 

2 ブリ(イナダ)飯寿司について

 飯寿司は、今秋に水揚げされたブリ(イナダ)を材料に作られ、当管内のえさん漁業協同組合(函館市)の上見孝男組合長のご好意により、提供いただきました。

 

 サケやハタハタ、ホッケなどが飯寿司の材料として一般的に用いられていますが、ブリを材料にした飯寿司は大変珍しく、ブリの消費拡大を進める第一歩として、まずは、振興局職員を対象に試食会を行いました。

  

3 試食会について

 平成291220日(水)13時から、振興局内で、小田原振興局長をはじめ、関係部長、課長など約50名の職員に、ブリ(イナダ)の飯寿司を試食してもらいました。

 

 試食後、アンケートに協力してもらい、アンケート結果は、今後のブリの消費拡大に向けた取組を進める上で参考にする予定です。

  ■ 試食会の状況 

 

   試食会の様子1   試食会の様子2

    

   試食会の様子3   試食会の様子4

  

 ■ アンケート結果

 

    ○ 酸味や臭みなどのくせがなく、食べやすく美味しい。

    ○ 脂ののったブリを使えばさらに美味しいと思う。

    ○ 身の大きさや皮の歯ごたえ、味付けなどにもう少し工夫が必要。 など

      なお、美味しさの平均点は3.4点(5点満点)でした。

このページに関するお問い合わせ
〒041-8858 北海道函館市美原4丁目6番16号
電話番号:0138-47-9481
FAX番号:0138-47-9210
メールアドレス:oshima.suisan1@pref.hokkaido.lg.jp
※迷惑メール対策のため、「@」を全角にしています。
 メールを送る際は、半角に置き換えてください。