スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  TAC[Total Allowable Catch]の説明


最終更新日:2018年12月21日(金)


TAC[Total Allowable Catch]の説明


 

 TACとは
TAC
(Total Allowable Catch)とは漁獲可能量、を意味し、資源の維持または回復を図ることを目的に特定の魚種について、暦年で漁獲できる数量の上限を定めたものです。
 TACの決め方はTACは、資源動向などの生物化学的なデータを基礎として、それぞれの資源に係る漁業の経営などの社会的・経済的な事情を勘案して、魚種ごとに決定されています。

 
 TAC対象魚種は
 
 渡島総合振興局管内では、次の6魚種が対象ですけとうだら ・さんま ・まあじ ・まさば及びごまさば ・するめいか です。
 

 

☆TAC対象魚種の選定理由☆
 
 TAC対象魚種は次の条件に基づきの国が選定しています。

 1 漁獲量が多く、国民生活上で重要な魚種
 2
 我が国周辺で外国人により漁獲されている魚種資源状態が悪く、緊急に管理を行うべき魚種
 3
 上記の中から資源状況が明らかであるものを対象としており、今後、 対象魚種の追加も考えられます。

 
 なお、北海道が必要に応じて地域の特産的な魚種を独自に選定し、 管理する場合もあります。
 
☆漁獲量の報告☆
 
 漁獲の報告は、北海道が定めた規則により、漁業者が月別又は旬別に知事に報告することとなっており、漁業協同組合員の場合は、 漁業協同組合が取りまとめています。