スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  知内町 | 農・林・水 おしまぐらし


最終更新日:2016年1月27日(水)


知内町 | 農・林・水 おしまぐらし


スペース 農・林・水 おしまぐらし スペース 知内町 スペース 知内町 スペース
地図 スペース 全国ブランドのニラを筆頭に
農林水産業がさかんな町
スペース
演歌の大御所・北島三郎氏の出身地として有名な知内町。
スペース
「知内ニラ」は市場でもブランド化されマスコミにも頻繁に取材されています。
スペース
ホウレン草やトマト、知内カキ、マコガレイなど一次産業が主力の町です。
スペース
インタビュー
スペース 移住のきっかけ

「就職活動を迎えた大学3年の時、このまま一般企業に勤めるイメージが湧かなかったんです。大学で地域文化を学ぶ中で出会った函館の馬文化『だんずけ』や、祖母との家庭菜園の思い出などに影響を受けたせいか、自然の中で生きる農家という道もある!と思いたったんです」

友人たちが就職準備をする中で、そんな決意をした上野さん。北海道教育大学函館校の4年生になり、ゼミの先生から紹介をうけて、知内町の野口農園で農業実習生になりました。卒業後そのまま就職し、以来6年間、知内特産ブランドとして名高いニラ生産に取り組んでいます。

スペース 知内町が好き

卒業後してもこの知内で働きたい。そう思わせてくれたのは、農園主・野口さんの人柄と仕事への姿勢、そして家族のような付き合いができる野口さんのご家族とパートさんたちの存在があったから、と上野さんは言います。

「野口さんや農園で共に働くパートさんたちなど地元の人々が本当にやさしい。それと、田舎ならではですが、お互いにおすそ分けする文化があるんです。お惣菜や野菜などはもちろん、パートさんの旦那さんが漁師で、獲ってきたお魚をもらえることもあります。」

上野さんが住んでいるのは、町営団地。函館にいた学生時代は毎月の家賃が3万円でしたが、こちらは2万円で以前よりも広い部屋です。団地から車で約5分の場所には、北海道最古の温泉『知内温泉』があり、上野さんはなぜか夏に行く機会が多いそう。「虫に刺されると温泉に行きます。ここの湯は、肌にとてもよく、かゆみも落ち着くんですよ。」

知内ライフがすっかり板についた上野さん。知内での暮らしや農業などご両親はどんな思いだったのかを尋ねると、「好きにやりなさい、って言ってくれたんです」と笑顔がこぼれました。「都会より田舎に住みたいならここはおすすめです」

インタビュー 野口農園の休憩所にて。知内の「んだ」という方言がかわいくて大好きという上野さん。 スペース インタビュー 野口農園の代表、野口健一さん。明るく朗らかな方。農業法人化の準備を進めている スペース 野口さんから見る若き就業移住者、上野さん

元々は米農家だった野口農園。現在は地元が誇る『知内ニラ』の一翼を担う存在として、ニラ専門で生産しています。知内町は豊かな自然環境はもちろん、地形的に津波災害が少ないといいます。また、バクダン低気圧も山を越えて知内には入りにくいそうで、野口さん曰く、「農業には魅力的な場所」です。ハウス栽培でほぼ通年ニラを育てられるのも、この穏やかな気候のおかげ。その恵まれた環境で、59歳のベテランは謙虚に仕事と向き合います。

「厳しいことや学ぶことがいやなら、移住者は来なくて結構ですね。そして、いい人間関係がつくれることが重要。ちょっと世話をしてあげた若者が本当に感謝してくれて、その後もまめに手紙をくれたりすると、信用できる子だなと思う。流れてきた様な人にはそういうこと、できないから。」

野口農園では就業希望者をこれまで何人も受け入れてきましたが、現役女子大生が住み込みでやってきたのは初めてのこと。上野さんの存在は知内町内でたちまち注目されました。「家族や親戚が農家でもない「街」育ちのお姉ちゃんだもの。そりゃ最初は仕事遅いわ」と、当時を思い出す野口さん。それでも、上野さんを受け入れたのには理由がありました。

「農業を本気でやりたいっていう気持ちと、真剣に覚えたいという姿勢が感じられたんだよ。あの子からは」昔の若者は頭が悪くても仕事はなんだかんだとできた人が多かったが、今は自ら進んで考えることがない若者が増えた・・・と感じていた野口さんでしたが、上野さんを見込んで、今は農業の現場はもちろん、様々な勉強会へ連れていき、その内容を吸収させています。「まだまだの所はあるけどね。でも大したもんだよ」

インタビュー スペース 上野さんから移住を考えている方へメッセージ

「本人が楽しいと感じるなら、どこに住もうと楽しいと思います。結局のところ、地元の人との関係なんだと思います」

スペース 冬の暮らしについて

「湯の里の団地に住んでいますが、家賃の管理費で除雪道具を共同購入してあり、自分で買ったのは車用のスノーブラシと、除雪のときに着るヤッケの上下(笑)。部屋は2DKの広さで、暖房の灯油代は月5千円くらい。給湯が電化のため部屋の給湯器の影響か、建物の気密性が高いのか、暖房を消していても室温はプラス10度で安定しています。」

スペース
スペース
函館市
スペース
北斗市
スペース
松前町
スペース
福島町
スペース
知内町
スペース
木古内町
スペース
七飯町
スペース
鹿部町
スペース
森町
スペース
八雲町
スペース
長万部町
スペース
冬のワンポイントアドバイス
スペース
スペース 関連リンク

・北海道農業担い手育成センター

・北海道漁業就業支援協議会

・北海道森林整備担い手支援センター

住まい

移住・定住

宅地分譲受付中

スペース 就業

ハローワーク求人情報

 

スペース 基本情報 スペース
人口 世帯数 面積 気温 降雪量
平均 最高 最低
4,682人
(27.11末現在)
2,086世帯
(27.11末現在)
196.75平方km - - - -
スペース 施設・支援制度 スペース
医療&子育て 病院数 0
診療所数 4
保育所数 2
幼稚園数 1
子育て支援制度 医療費助成
詳しくはこちら
保育料助成
職の情報 求人情報の提供、就職相談会等の実施 -
農林水産業等への就業支援
起業(創業)支援
住まいの情報 空き地・空き家の紹介 -
宅地分譲
詳しくはこちら
土地取得・住宅建築(購入、改修)助成
詳しくはこちら
スペース お問い合わせ窓口

知内町総務企画課
電話番号:01392-5-6161

スペース