スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  渡島・産学官連携ウェブサイト 本サイトについて 道南の地域力


最終更新日:2010年4月20日(火)


渡島・産学官連携ウェブサイト 本サイトについて 道南の地域力


渡島・産学官連携ウェブサイト
地域の明日を拓く

産学官連携サイトのねらい

道南の地域力
本サイトの構成・内容



本サイトついて


<道南の地域力>

道南地域はおおきく3つのエリア、函館市、渡島(除く函館)そして檜山で構成され18の市町からなる。
産業的には、長い海岸線と周囲の海流の影響で、昆布やイカ、ホタテなど多数の豊富な資源を有する水産業、可耕地は比較的少ないが、温暖な気候に恵まれ、じゃがいも、米、大豆など多くの特産品が収穫される農業、そして林産資源、畜産にもそれぞれに特色のある生産物を有する。
製造業はこうした特色ある一次産品の加工に携わる食品加工業の割合が高いが、函館市の造船や各種機械加工業、北斗市のセメントなど長い歴史の中で培われた技術力を発揮している企業も多い。函館・北斗・七飯の工業団地には他地域から進出してきた企業も含め、電子部品やソフトウェア開発などの先端産業も立地している。
しかしながら、1990年代まで盛んだった地方への工場誘致は産業構造の転換、中国などの台頭などで大きな進展は望みにくくなっている。そこで、国の産業政策も近年は、地域の一次産業の潜在力と既存の産業集積とを有機的に結びつけた、新しい特色ある地場産業の育成に大きく舵をきりつつある。そうした政策転換の切り札として登場してきたのが「産学官」連携である。


<本サイトの構成・内容>

本サイトは、主に道南地域を中心とした「産学官」連携についての情報を集約・紹介したものである。10年以上の歴史をもつ「産学官」連携事業だが、いままで「道南」というエリアに照準を合わせて産学官の連携の実例が紹介されることは多くはなかった。そこで、すでに成果の上がっている連携事例をできるだけ多く掲載することとした。本サイトの制作にあたってのポイントは以下のとおりである。

○産学官情報源
・産学官の具体的な事例をできるだけ数多く取材し情報収集することに努めた。取材先は連携を支援する公的機関と学術・研究機関、さらには民間団体、企業、一次産業の個人事業者まで幅広い範囲とした。(38件)
・「産・学・官」の3者がすべて揃っていなくても、「産・学」、「産・官」、「産・産(異業種連携)」のような事例も含め、多様な連携形態を対象とした。
・連携事業の実施事例の他に、産学官連携に強い期待と関心をもつ企業も取り上げた。
・具体事例をカテゴリー、所在地、テーマなどのいくつかの範疇から検索できるようにした。

○関連情報
・関連の専門家や自治体首長などにも、産学官連携についての意見や助言を収録した。(5件)
・産学官連携に対する、国や自治体などの公的支援のプログラムの情報をまとめた。
・産学官を推進する目的で開催された各種セミナー、講演会などを取材した。(3件)
・ウェッブサイト(58件)、新聞記事などで、参考になると思われる情報源を幅広く収集した。
・関連のホットな情報(イベント開催情報や支援プログラムの公募など)を掲載、順次追加できるようにした。


本サイトは主に以下のような事業者のニーズを想定している。
・道南地域の企業・個人事業者で新製品の開発、販路の拡大などを推進する意欲があり、そのための公的支援や助言を必要とする方。
・すでに何らかの提携事例を経験しているが、さらに多くの先行事例や最新事例の情報を入手したいと考えている方。
・道南地域外に所在する事業者で、道南地域での提携事例から事業化・商品化されたものにビジネス上の関心をもつ方。


本サイトについて | 旺盛な研究開発意欲 | 新聞報道に見る道南の「産学官」連携

産学官連携サイトのねらい
  本サイトについて
  旺盛な研究開発意欲
  新聞報道に見る道南の「産学官」連携

産・学・官 情報源
カテゴリーから探す
  公的支援機関
大学・研究機関
民間団体
農林水産業
製造業
非製造業
フォーラム
地域で探す
  函館市
北斗市 七飯町
その他渡島管内
檜山管内
道内(除く渡島・檜山)
北海道渡島檜山
テーマで探す(提携事例)
 

食品・アグリ

環境・省エネ
IT
健康・福祉
その他


連携の事例集・産学官連携商品紹介
 
 
 
インタビュー
キーパーソンに聞く
各種連携支援情報
  内閣府
  文部科学省
  経済産業省
  北海道
  函館市
よくある質問
リンク集
新着情報
イベント情報
道南の産学官の歴史
トップページ