スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 エリアから探す


最終更新日:2014年11月14日(金)


南北海道 食彩王国 エリアから探す


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > エリアから探す
エリアから探す
01.函館市
海に囲まれた函館市は水産業が中心。沿岸で漁獲されるイカは、生け簀など鮮度を維持した流通方法も確立しており、高い人気を誇る。農業では、作付面積の約3割を馬鈴薯が占めている。

スルメイカ
がごめ昆布
白口浜昆布
黒口浜昆布
戸井マグロ
海峡根ボッケ・バキバキ
ババガレイ
一本釣り活〆鰤
一本釣り活〆「真ダラ」
ドンコ
ゴッコ
函館男爵黒豚
エゾ鹿
尾札部とろろ昆布
函館活〆するめいか
活いか沖漬け
網元秘造り
函館産がごめおぼろ昆布
無添加魚卵製品
北斗ほっきネギ味噌
昆布だし味噌
がごめ昆布加工品
窯焚き海水塩
身欠にしん
たまふくら大豆加工品
たま福来甘納豆
北アカリのニョッキ
トマトソース
なんばんみそ
オーガニックスパイス
 
函館たまふくら おつまみ大豆
ガーリックソーセージ
フランス式ソーセージ
やきだんご
いかようかん
豆乳函館しふぉん
さくら通り 梅乃寿司
幸寿司
いか清
函館海鮮居酒屋 魚まさ 五稜郭本店
ポルックス
sleek hakodate cuisine
酒肴菜友 じょっぱり
海峡日和
レストラン和家
Flash Flash
五島軒本店 レストラン雪河亭
エノテカ・ラ・リコルマ
La Riviere
アゼリア
望楼 NOGUCHI 函館
La Concha
レストラン バスク
ビストロHAKU
レストランToui
Ciccio Pasticcio
食彩なとわの里
ラッキーピエロ
トマトデリ
▲上に戻る
02.北斗市
上磯町と大野町が合併して生まれた同市は、広大な大野平野を擁しており北海道の稲作発祥の地としても有名。稲作を中心とした農業が基幹産業だが、沿岸では定置網や養殖などの漁業も盛ん。

ふっくりんこ
長いも
北海うど
北海ホワイトチコリー
マルメロ
おぐに牧場 黒毛和牛
 
海峡わかめ
ホッキしゅうまい
とってもとまと
燻製たまご北斗物語
風の子もちの大福
修道院のソフトクリーム
▲上に戻る
03.松前町
松前沖は以前から本まぐろの漁獲量が多い好漁場だったが、近年、鮮度保持技術が向上し、ブランド化が確立され高評価を得る産品になっている。他にも、岩のりなどの海藻や松前漬も人気。

松前まぐろ
手造り松前漬
さくら酢いか
松前岩海苔
 
ほっけのすり身
お城最中
レストラン矢野
北前食堂
▲上に戻る
04.福島町
水産加工が中心に行われ、イカの加工品であるスルメは全国一の生産量を誇る同町の特産品。津軽海峡の荒波が育てる肉厚な真昆布も人気がある。農業では、椎茸や黒米などが収穫されている。

黒米「きたのむらさき」
するめ塩辛
ウニ塩水パック「のな」
 
いかス海峡するめ
千軒そば
▲上に戻る
05.知内町
稲作を中心に広く農業が行われており、ブランド化が確立しているニラは全道一の出荷量を誇る。漁業では高品質なヒラメやマコガレイのほか、海面養殖による牡蠣やホタテの生育に力を入れている。

知内まこがれい
知内かき
知内にら「北の華」
 
まこがれい酒塩漬け
お食事処ヤママル
▲上に戻る
06.木古内町
基幹産業は漁業と酪農及び畜産業で、漁業ではホタテの養殖が積極的に行われている。畜産業では、上質な赤身が高い評価を得ている褐毛和種の「はこだて和牛」が人気となっている。

はこだて和牛
海峡ひじき
えぞ鹿ジンギスカン
みそぎの舞
 
孝行餅
箱館塩かすてら
蕎麦処 瑠瞳
▲上に戻る
07.七飯町
道南でも有数の農業地帯で、西洋りんご栽培発祥の地として知られている。観光地としても全国的な知名度を誇る大沼エリアの周辺は酪農業や畜産業が盛んで、牛肉や乳製品も多く生産している。

王様しいたけ
りんご「ななみつき」
食用ハーブ
はこだて大沼牛
はこだて大沼黒牛
平飼い有精卵
牛肉みそ漬け
自家製チーズ
山羊のチーズ
コアップガラナ
 
ななえりんごわいん-Sparkling-
大沼ビール
きびだんご
大沼だんご
シューボンブ
こなひき小屋のパン
ランバーハウス
チャレンジビーフ黒べこ
そば処ふでむら 大中山店
Table de Rivage
▲上に戻る
08.鹿部町
漁業が盛んな同町では、ホタテの養殖が広く行われ、スケトウダラ漁が積極的に行われている。豊富に漁獲される水産物を加工する工場も多く、特にたらこの品質は高いことで知られている。

はちみつ明太子
たらこ
 
深海ウニ加工品
刺身用ホッケフィレ
▲上に戻る
09.森町
好漁場である噴火湾での漁業は、養殖ホタテや秋サケ、スケトウダラなどの漁獲が盛ん。駒ケ岳の火山灰層が広がる土壌での農業では、カボチャやプルーン、ブルーベリーなどの栽培が行われている。

ホタテガイ
ポン太のアスパラ
かぼちゃ くりりん
平飼い有精卵「彩美健卵」
駒ヶ岳の平飼い自然卵
白いかめし
古式「鮭乃山漬」
木村屋漬け
 
ほたて昆布きんちゃく
妙味逸品シリーズ
やわらかスモーク
ながづか加工品
かまぼこ
飯寿司
韃靼そば
▲上に戻る
10.八雲町
熊石町との合併後、国内唯一の太平洋と日本海に面する自治体となった同町は、漁業はもとより、酪農を中心とする農業も盛ん。バラエティに富んでいる畜産加工品は注目を集めている。

さくらかれい
船上活〆サクラマス
蝦夷あわび
ボタンエビ
超大粒大豆 たまふくら
北里八雲牛
遊楽部熊鮭
海洋深層水塩
 
おぼこ漬け
紅しぐれ千枚漬け
脇屋シェフのにんにく醤油
牛乳の華
セミハードチーズ「ペレ」
新緑の水
地酒 今宵八雲
ダイニングパスタ Piatto
▲上に戻る
11.長万部町
札幌と函館を結ぶ交通の要衝として知られる同町は、漁業が柱となっている。町の代名詞でもある毛ガニをはじめ、養殖ホタテをはじめ黒ホッキなど、独自性の高い海産物も多く水揚げされている。

黒ホッキ
毛ガニ
ホタテ毛がにしゅうまい
佃煮おしゃまんべ物語
 
ホルモン
あめせん
ミルキーゴールド
ドライブインかなや
▲上に戻る
12.江差町
ニシン漁で繁栄を極めた同町では、現在も漁業が一次産業の基幹となっている。イカやスケトウダラ、蝦夷バカ貝などが主に漁獲されており、同町特有の紅ズワイガニ漁なども行われている。

蝦夷バカ貝
紅ズワイガニ
春採りいちご けんたろう
ほっけの焼きかまぼこ
 
ほっけの天かま
追分こうれん
ソーランちまき
▲上に戻る
13.上ノ国町
農業と漁業が中心で、農業はキヌサヤエンドウ、立茎アスパラなどの生産の他、稲作や畜産も行われている。漁業は「つくり育てる漁業」を推進しており、アワビやホッケなどの養殖に力を入れている。

フルーツポーク
根ホッケ味噌漬
ほっけの切込
 
きぬさやえんどう
料理宿 宮寿司
▲上に戻る
14.厚沢部町
渡島半島内陸部にある農業が基幹産業の町。メークイン栽培発祥の地として有名で、現在も主要産地として知られる。様々な農産物が生産され、近年では隠れた特産品として山ゴボウがあげられる。

えぞまいたけ
メークイン
黄金千貫
山ごぼう
さぶりメロン
干し野菜
 
クイーンズボール
米粉焼饅頭
厚沢部産雑穀ブレンド
北海道産本格焼酎 喜多里
災害備蓄用パン
▲上に戻る
15.乙部町
スケトウダラを中心に、ウニやアワビの他、近年、注目の高まるナマコの漁獲も行われている。農業では古くから盛んな稲作の他、ブロッコリーやイチゴなど新たな産品への取り組みも活発。

スケトウダラ
ブロッコリー
ゆり根
 
釣りたらこ紅乙女
ゆり最中
▲上に戻る
16.奥尻町
一周約76kmの奥尻島全域からなる町。主な産業は漁業で、夏場がシーズンのキタムラサキウニは観光資源になるほどの人気を誇る産品。他にも、ブドウ栽培も行うワイン醸造も注目を集めている。

キタムラサキウニ
おくしり和牛
 
熟成冷凍刺身
奥尻ワイン
▲上に戻る
17.今金町
渡島半島北部に位置する同町は、古くから農業が盛んに行われてきた。冷涼な気候を生かした男爵イモ栽培は広く行われており、品質・量ともに高く全国的な知名度を誇る特産品になっている。

今金男しゃく
ミニトマト
鶴の子大豆とうふ
 
トマトジュース
紫蘇の儚物語
石田屋
▲上に戻る
18.せたな町
瀬棚、北檜山、大成の3町が合併して生まれた同町は、有機農法をはじめとした先進的な農業や畜産業が行われており、全国的に注目を集めている。他、長い海岸線を持つ日本海での漁業も盛ん。

アイガモ農法 ほしのゆめ
若松ポークマン
放牧黒豚
グラスフェッド羊肉
トマトひつじ
サフォーク種羊肉
大豆加工品
 
菜種油
無添加黒豚ソーセージ
モッツァレラチーズ
農園工房アイスクリーム
純米酒 吟子物語

中国料理 紅天樓
▲上に戻る