スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 白口浜昆布


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 白口浜昆布


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 白口浜昆布
白口浜昆布
函館市海産物
メインイメージ
朝廷や将軍家に献上されていた高級昆布

 函館市の南茅部地区の海は、寒流と暖流の両方が流れ込む好漁場だ。海水温や日照、豊かな緑から流れ込む河川など昆布の生育に適した条件に恵まれていることから、古くから良質の昆布の産地として知られる。特に白口浜昆布の呼び名で知られる真昆布は、松前藩により古くから朝廷や将軍家に献上されていたことから献上昆布とも呼ばれるほどの高級品だ。「白口浜」の呼び名は、身が厚いために切り口が白く見えることに由来する。
 だしを取る用途のほか、おぼろ昆布やとろろ昆布の原料として全国で使用されている。
 天然昆布は天候や海の状態によりその年によって品質や収量が大きく左右されてしまうが、南かやべ漁協ではこれを克服するために全国に先がけて昆布の養殖に取り組んだ。海に浮かべたロープに昆布の種苗を植えて生育させ、小まめに間引きを行う。これにより栄養分や日光をまんべんなく昆布に行き渡らせることができるようになり、品質の良い昆布を安定して全国に供給している。

サブイメージA

乾燥させ、耳の部分を切り落として出荷する。

サブイメージB

昆布漁は7月中旬からの約1か月間行われる。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
南かやべ漁業協同組合
住所:〒041-1613 函館市臼尻町154-2
電話:0138-25-3004
FAX:0138-25-3977
関連リンク:ホームページ
連動ページ:海峡日和
▲上に戻る