スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 海峡根ボッケ・バキバキ


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 海峡根ボッケ・バキバキ


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 海峡根ボッケ・バキバキ
海峡根ボッケ・バキバキ
函館市海産物
メインイメージ
水氷締めで鮮度保持、刺身で食べられるホッケ

 北海道では大衆魚として広く食べられているホッケ。鮮度落ちが早いことから鮮魚としての流通は限られており、刺身では食べられない魚とされてきたが、えさん漁業協同組合尻岸内ほっけ刺網部会では独自の処理方法により長時間の鮮度保持を実現し、道内でしか流通していなかったホッケを全国へ流通させた。
 同刺網部会では市場関係者や仲買人から意見を聞き、より鮮度の良いものを求める消費者のニーズに着目。平成12年より網を張る時間を従来の13時間から2時間に大幅短縮した。これにより漁獲量は減ったものの、網に掛かったばかりの活きの良いホッケを水揚げできるようになった。これを船上または港で直ちに水氷に漬けて締めることで、鮮度の良い状態が長時間保たれる。「バキバキ」の名は水氷で締めたホッケがピンと硬く反り返っている様から名付けられた。鮮度落ちが少ないことから、漁獲の翌日の販売となる関東や関西でも刺身や寿司ネタなど、従来ではできなかった食べ方で提供されている。

サブイメージA

水揚げした新鮮なホッケを水氷で締める。

サブイメージB

1時間ほど漬けておくことで鮮度が保たれる。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
えさん漁業協同組合
住所:〒041-0403 函館市大澗町51-4
電話:0138-84-2231
FAX:0138-83-3431
▲上に戻る