スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 ババガレイ


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 ババガレイ


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > ババガレイ
ババガレイ
函館市海産物
メインイメージ
鮮度の良さと肉質に自信あり

 東北や関東を中心に、高級魚として取引されているカレイの一種。体長30センチ前後の物がよく市場に出回り、関東ではナメタガレイとも呼ばれている。
 函館市の戸井地区では、針を付けた縄を海中に沈めていく、はえ縄方式でのババガレイ漁が行われている。はえ縄漁は網による漁とは異なり、魚同士がぶつかり合ったり網にこすれたりすることがないため魚体が傷みにくく、一般的に網で獲れたものに比べて品質が良いとされる。特に戸井産のババガレイは縄を入れてからわずか1時間ほどで引き揚げられているために鮮度が良く、市場でも品質の高さが評価されている。漁期は12月末から3月中旬までと、5月中旬から7月頃まで。1月から2月にかけて獲れる卵の入ったメスが最も美味だとされる。
 戸井産のババガレイは潮の流れの早い津軽海峡で育っているために肉厚で身の締まりが良いのが特徴。加熱しても収縮しにくいしっとりとした白身は煮付けが最も合うとされ、淡白な味わいの中の甘みを堪能できる。

サブイメージA

戸井産のババガレイは、はえ縄を海に仕掛けてからわずか1時間ほどで引き揚げられており、活きの良さが自慢。

サブイメージB

表面のぬめりを洗い流してから計量して大きさごとに分け、氷を敷き詰めた発泡容器に詰めて出荷する。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
戸井漁業協同組合
住所:〒041-0252 函館市釜谷町41
電話:0138-82-2311
FAX:0138-82-2314
関連リンク:ホームページ
連動ページ:幸寿司
▲上に戻る