スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 知内まこがれい


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 知内まこがれい


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 知内まこがれい
知内まこがれい
知内町海産物
メインイメージ
刺身用活魚として全国に流通する高級カレイ

 肉厚で身の締まりが良いことから、刺身にしても「身がピンと立つ」と言われる知内産のマコガレイ。刺身のほか焼魚にしても煮付けにしてもよく、幅広い食べ方で愛されている。地元では、細かく刻んだ肝を絡めた醤油に刺身を付けて食べるのが「新鮮なうちにしかできない食べ方」として好まれている。
 マコガレイが生息する木古内湾は津軽暖流の影響で真冬でも適度な海水温に保たれており、また餌となる貝やヨコエビ類が豊富なことから、大型で肉厚なマコガレイが昔から獲れていた。だが、以前は他の種類のカレイと同様に大衆魚として扱われていた。しかしながら近年になって全国的に有名な大分の「城下カレイ」と同種であることがわかり、それを機に上磯郡漁業協同組合では「知内まこがれい」としてブランド化に着手。20センチ以下の魚は放流し、大型のものだけを水揚げするようにした。また漁協に活魚水槽を設け、刺身用の活魚として全国に発送できる体制を整えた。活締めでも築地市場に出荷している。

サブイメージA

ブランド化に取り組む漁協の冨森さん。

サブイメージB

生け簀から活魚として全国に出荷する。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
上磯郡漁業協同組合 本所
住所:〒049-1104 上磯郡知内町字湧元34番地1先
電話:01392-5-5204
FAX:01392-5-6656
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る