スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 船上活〆サクラマス


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 船上活〆サクラマス


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 船上活〆サクラマス
船上活〆サクラマス
八雲町海産物
メインイメージ
水揚げ直後に船上で活け締め
鮮度を追求したプレミアムな一本

 道南の日本海側では、春期の主要魚種としてサクラマス漁が広く行われている。サクラマスは魚体に傷が付きやすく、鮮度低下も比較的早いため、市場では高値が付いていなかった。
 八雲町熊石では、サクラマスの付加価値向上に取組んでおり、平成19年から、定置網で漁獲したサクラマスを船上で活け締めにし、鮮度保持を行うという手法をとっている。活け締めの際にも、暴れて傷が付かないよう、ウレタンマット上に固定して、マキリでヒレと尾を確実に締め、船上でサイズ分け。水揚げ後は氷を敷き詰めた発泡スチロールに入れ、鮮度保持に効果のある海洋深層水を散布する。
 出荷されたサクラマスは「熊石船上活〆」というブランドで差別化され、市場からも高く評価されている。魚体へのダメージを最低限に抑えた身はうっ血なども見られず、特徴であるサクラ色の身が非常に美しい。同ブランドはサイズが大きいものだけを選別して出荷しているのも特徴で、和洋問わず飲食店などからの人気が高い。

サブイメージA

水揚げ直後に1本ずつ確実に活け締めする。

サブイメージB

定置網の網上は2隻で迅速に行われる。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
ひやま漁業協同組合
住所:〒043-0102 爾志郡乙部町元町520
電話:0139-62-3300
FAX:0139-62-3001
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る