スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 毛ガニ


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 毛ガニ


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 毛ガニ
毛ガニ
長万部町海産物
メインイメージ
北海道を代表する海の味覚
甘味と身入りの良さは抜群

 毛ガニはもともと価値の低い水産物だったが、1947年、物資不足に困り果てた長万部町で煮蟹が販売され、1950年、通年での普及を目的に「かにめし」弁当が販売された。これが予想外の大好評を得て、その味が一般に広まりはじめ、1965年ころには、茹で毛ガニなどの出荷が開始された。
 噴火湾は水量の多い河川から森林の豊富な栄養分が注がれ、親潮と津軽暖流という違う海流が流れこむ環境が豊富な餌をもたらし、優良な漁場として知られている。そこで漁獲される毛ガニは、輸入物よりも色が濃く引き締まった印象。特に、長万部町沖は古くから毛ガニ漁場として知られている。
 毛ガニは茹でてそのまま食べるか、寿司ネタにするなど比較的シンプルな料理法で楽しまれる。甘味が強く適度にほぐれやすい身も人気だが、カニみそは数あるカニの中でも最上級の美味さとされている。土産物としても非常に高い人気を誇り、北海道を代表する食材として高く評価されている。

サブイメージA

長万部の毛ガニは資源量が大幅に減少したが、漁業者らの徹底した資源管理で近年漁獲量が増加傾向にある。

サブイメージB

茹で毛ガニは水揚げ直後の新鮮なものを大釜で茹でるので、味を損なわない。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
長万部漁業協同組合
住所:〒049-3519 山越郡長万部町字旭浜159-10
電話:01377-2-3126
FAX:01377-2-4885
▲上に戻る