スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 ミニトマト


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 ミニトマト


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > ミニトマト
ミニトマト
今金町農産物
メインイメージ
生産者と消費者を有機的に結ぶ
「オーガニック」という生き方

 「オーガニックというのは作物の環境を整えて、作物が本来持っているチカラを引き出す」と、ソガイ農園代表の曽我井陽充さんは話す。オーガニックと称するには多くの条件をクリアする必要があり、それをクリアできた産品はオーガニックと冠して市場に流通させることができる。しかし、オーガニックとは手段であり目的ではない。
 同農園では畑を耕さない不耕起(ふこうき)農法で作物を栽培している。曽我井さんは「耕すという行為は自然によって造られた生物空間を壊す行為です」と話す。ソガイ農園の役割は直接的に作物を育てるという事ではなく、生物多様性を重視し作物と土を繋ぐ有機的なインフラになると明確に定めている。
 そういう環境、思想の中で育つ作物は本来の甘み、渋み、酸味を伴う自然そのものの味だ。現在、同農園ではトマト約40種の他にナス類やカブなどを栽培している。「オーガニックは生き方の提案かもしれないですね」曽我井さんはトマトを通してライフスタイルも発信している。

サブイメージA

代表の曽我井(そがい)陽充さんは「美味しいものを追求するのではなく、あくまで作物そのものの味を追求したい」と話す。

サブイメージB

ソガイ農園で収穫される色とりどりのトマトは、「甘い」「酸っぱい」「渋い」など多様な味を表現する。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
ソガイ農園
住所:〒049-4327 瀬棚郡今金町字神丘1033
電話:090-8276-9140
FAX:0137-82-2335
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る