スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 春採りいちご けんたろう


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 春採りいちご けんたろう


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 春採りいちご けんたろう
春採りいちご けんたろう
江差町農産物
メインイメージ
作業のしやすさが品質の良さを生み出す

 「けんたろう」は、北海道に適した品種として道南農業試験場で開発されたいちご。大粒で甘みが強く、酸味が少ないのが特徴で、主に東京方面に出荷されている。江差町の農業生産法人グリーンネット恵では7年前から栽培に取り組んでおり、現在10棟のビニールハウスで1万6千株を育てている。
 いちご栽培においては、地面に植えた苗を育てる「土耕栽培」が主流だが、同法人では「高設栽培」と呼ばれる方法を採用している。これは、いちごの苗を発泡スチロールの容器に植え、ハウス内に組んだ高さ約1メートルの足場の上に容器ごと載せて育てる栽培方法のこと。最大のメリットは、立ったままいちごの手入れができるという作業効率の良さ。いちごをおいしく育てるには、小まめに葉や花の様子を見て手入れをすることが何よりも重要だ。高設栽培は手入れ作業がしやすいため一粒一粒に目が行き届きやすく、病気なども発見しやすい。これが結果として高品質ないちごの安定生産に結び付いている。

サブイメージA

いちご栽培では普段の手入れが大切だ。

サブイメージB

地面から約1mの高さで栽培されている。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
農業生産法人 有限会社 グリーンネット恵
住所:〒043-0022 檜山郡江差町字伏木戸町634
電話:0139-52-0856(農園)0139-53-6811
FAX:0139-52-2358(農園)0139-53-6811
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る