スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 さぶりメロン


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 さぶりメロン


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > さぶりメロン
さぶりメロン
厚沢部町農産物
メインイメージ
生産者が一丸となって作り上げた新ブランド

 平成14年に道南エリアの1市18町の14農協が合併して広域農協「新函館農協」が誕生した。それを契機に森町と厚沢部町のメロン生産者が互いに協力して、厚沢部町の「さぶ」と森町の「り」をとって「さぶりメロン」という新しいブランドメロンが生まれた。
 両町のメロン出荷量は多いが「さぶりメロン」としての出荷条件は高く、容姿、ネットの張り具合はもちろん、糖度が15度以上の特秀しか「さぶりメロン」ブランドでは出荷されない。これらの厳格な品質管理の元で出荷されたメロンは贈答品などへの需要も徐々に伸びている。
 さぶりメロンは生産期間が長いのも特徴。森町はハウス栽培、厚沢部町はトンネル栽培という栽培方法の違いを生かし、森町の早出しが6月下旬から、厚沢部町は8月下旬から10月下旬まで、実に4ヶ月以上に渡って市場に供給する。果肉はきめが細かくなめらかでジューシー、そこへ丸みのある芳醇な甘さがプラスされ有名ブランドにも負けない味に仕上がっている。

サブイメージA

同農協の佐々木勲メロン部会長。

サブイメージB

厚沢部町で行われているトンネル栽培。

旬カレンダーへ
お問い合わせ先
新函館農業協同組合 厚沢部基幹支店
住所:〒043-1113 檜山郡厚沢部町新町183-3
電話:0139-64-3321
FAX:0139-67-2805
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る