スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 はこだて和牛


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 はこだて和牛


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > はこだて和牛
はこだて和牛
木古内町畜産物
メインイメージ
柔らかく上品な味わいの赤身肉

 函館から車で約1時間の距離に位置する木古内町では、道南地域で生まれた褐毛和種(あか牛)を飼育し、「はこだて和牛」のブランド名で出荷している。生産量は年間220頭程度と比較的少ないが、食べやすい健康的な肉として主に函館と札幌圏の消費者の人気を集めている。
 はこだて和牛は4軒の牧場で生産されているため、各牧場主は品質を均一に保つために常に会合を開いて飼育や繁殖の方法について話し合い、統一した方法を厳格に守るように努めている。特に、生産者自らが安心して与えられる餌で飼育しようとの考えから、各農家の自家産の稲わらや地元産の牧草などを与えて飼育しており、生産者の顔が見える安全な肉を消費者に届けようと努めているという。
 褐毛和種の特性上、黒毛和種に見られる「サシ」と呼ばれる霜降りのような脂は少ないが、赤身の肉質が柔らかく、牛肉本来の味が伝わる上品な味わいが特徴。「消費者の健康志向に乗って、良質な赤身肉の良さを広めたい」と意気込んでいる。

サブイメージA

生産に携わる岡山牧場の岡山徹さん。

サブイメージB

衛生的に管理された牧場で飼育される。

お問い合わせ先
新函館農業協同組合 木古内支店
住所:〒049-0422 上磯郡木古内町字本町545
電話:01392-2-3151
FAX:01392-2-3415
関連リンク:ホームページ
連動ページ:蕎麦処 瑠瞳
▲上に戻る