スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 函館男爵黒豚


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 函館男爵黒豚


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 函館男爵黒豚
函館男爵黒豚
函館市畜産物
メインイメージ
オリジナルの餌で育てられた健康的な黒豚

 配合飼料を一切使わずに飼育されている純血種の黒豚。脂身の融点が他の品種の豚よりも低く、口に入れた時にしっとりとなめらかな風味が味わえる。赤身はきめが細かく、ジューシーな甘みがある。餌には男爵イモと野菜くずなどを昆布だしで茹でてから与えており、これが男爵黒豚の名前の由来。茹でることで消化が良くなるとともに、昆布に含まれるミネラル分を豚に摂取させることができるという。水は地下30メートルから汲み上げた天然水。発酵させたパンくずも与えており、これが味の決め手になっているという。
 これらの餌はすべて、市内から調達したハネ品や余り物。販売に携わる木村敏也さんは「昔は余り物を茹でて与える養豚が当たり前に行われていたので、その方法で育てているだけ」と語るが、こうして飼育された豚は抗生物質やワクチンをほとんど使わずとも健康に育っている。一般的な豚の倍にあたる約1年をかけて飼育し、成熟した豚の旨味を引き出しており、飲食店からも高い評価を得ている。

サブイメージA

直売所で販売を担当する木村敏也さん。

サブイメージB

直売所の奥で熟成されている枝肉。

お問い合わせ先
有限会社 青函トントン
住所:〒042-0933 函館市湯浜町12-13
電話:0138-85-6500
FAX:0138-85-6500
連動ページ:La Conchaレストラン バスク
▲上に戻る