スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 若松ポークマン


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 若松ポークマン


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 若松ポークマン
若松ポークマン
せたな町畜産物
メインイメージ
細やかな飼育体制とせたなの自然
自然と人が育てるブランド豚

 せたな町の高橋畜産では「若松ポークマン」というブランド豚を飼育している。同ブランドの出荷量は年間約3,000頭とやや少なめで、品評会にも積極的に参加し、農林水産大臣賞を受賞するなど、高レベルの品質と評価されている豚肉だ。
 代表の高橋洋平さんは若いが、畜産業への情熱とエネルギーに溢れ、獣医師である奥さんと二人三脚で養豚を行う。そんな同社が生産する若松ポークマンは「豚舎の衛生管理」と「ストレスを与えない」という2点に特化して飼育。これらを徹底する事に加え、せたな町の美味しい水と澄んだ空気という地理的要件で豚たちはすくすくと育つ。
 同ブランドは出荷の基準が高く、「上」の格付けを得た豚だけを若松ポークマンとして出荷。その量は全体の約3分の1程度。厳しい出荷基準を設けることにより、市場からも信頼できるブランドとして評価されている。
 肉質はキメ細かくしっとりした口触りで、脂は風味豊かでしつこさは感じさせない大人の豚肉として人気を集めている。

サブイメージA

同ブランドを生産する高橋畜産の高橋洋平さん。

サブイメージB

しっとり食感と、しつこくない脂で人気が高い。

お問い合わせ先
新函館農業協同組合 若松基幹支店
住所:〒049-4752 久遠郡せたな町北檜山区若松300-1
電話:0137-85-1331
FAX:0137-85-1300
連動ページ:中国料理 紅天樓
▲上に戻る