スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 放牧黒豚


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 放牧黒豚


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 放牧黒豚
放牧黒豚
せたな町畜産物
メインイメージ
おいしい牧草と限りない自由で育つ
プレミアムな味わいの放牧豚

 せたな町の丘の上、時に優しく、時に厳しい風の吹きぬける場所にあるこの農場はファームブレッスドウィンド(祝福された風)と名付けられ、全国的にも珍しい放牧での黒豚飼育に取り組んでいる。
 同農場代表の上泉新さんは、前職が農業高校の教師という経歴の持ち主で、その経験と理論を生かしてバークシャー種の黒豚を約40頭飼育している。この品種は中型で体が丈夫なのが特徴。肉質は柔らかく、臭みも少ない。牧場では豚たちがストレス無く走りまわり、じゃれ合い、牧草を食べる。牧草以外には今金町産の小麦なども与えるが全て目の届く物ばかりだ。
 上泉さんは「放牧して牧草中心で育てると、硬くて臭いが強くなると思っていた」と当初の不安を口にするが、結果的には肉質に変化はなく、脂の量も適度ですっきりした味わい。豚特有の臭みも無く、凝縮した旨味を味わえる肉汁も豊富で豚肉の利点が際立つ仕上がり。函館や札幌の飲食店からも高い評価を得る豚肉だ。

サブイメージA

上泉代表は元高校教師という経歴の持ち主。

サブイメージB

黒豚は自然の広がる牧場でのびのびと育つ。

お問い合わせ先
ファーム・ブレッスド・ウィンド
住所:〒049-4827 久遠郡せたな町瀬棚区字共和836-2
電話:01378-7-2422
FAX:01378-7-2422
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る