スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 エゾ鹿


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 エゾ鹿


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > エゾ鹿
エゾ鹿
函館市畜産物
メインイメージ
衛生的に素早く処理された
柔らかくておいしい鹿肉

 エゾ鹿は道内に推定で65万頭が生息しているが、畑の作物を食い荒らすなどの食害が近年顕在化。被害額は年間で50億円にも達する。平成23年に設立された北海道産ファームは、函館市郊外の畑に出没し食害をもたらしているエゾ鹿を捕獲し、食肉処理して消費者やレストランなどに販売している。
 鹿肉は「固い、臭い」と思われているが、これはハンターの捕獲した鹿肉によって定着したイメージ。鹿肉は素早く血抜きを行い正しく処理をすれば、おいしく食べることができる。同社では北海道が定めた「エゾ鹿衛生処理マニュアル」に準拠した食肉処理場を完備。捕獲した鹿は直ちに放血させてから15分程度で処理場に運び、素早く血抜きと内臓摘出を行って枝肉にし、冷温で熟成させる。こうして適切に処理されたエゾ鹿肉は柔らかくてくせがなく、あっさりとした味わいの中に深い旨味が楽しめる。低脂肪で鉄や銅などのミネラル分を豊富に含むヘルシーな肉であることから、新たな食材として浸透を図る。

サブイメージA

北海道産ファーム代表の澁田(しぶた)孝さん。

サブイメージB

熟成庫で熟成されている鹿の枝肉。

お問い合わせ先
北海道産ファーム
住所:〒041-0813 函館市亀田本町11-20
電話:0138-87-0789
FAX:0138-87-0789
関連リンク:ホームページ
連動ページ:五島軒本店 レストラン雪河亭ビストロHAKU
▲上に戻る