スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 釣りたらこ紅乙女


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 釣りたらこ紅乙女


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 釣りたらこ紅乙女
釣りたらこ紅乙女
乙部町水産加工品
メインイメージ
高品質のスケトウダラから作る
粒の立った絶品たらこ

 たらことは、スケトウダラの卵巣で、主産地も漁獲のある北海道が中心。理由はスケトウダラの鮮度低下が早いためで、地物を扱う加工業者は高品質な卵を手に入れるため、距離の近い産地付近で加工を行い、それが製品の品質にも繋がっている。
 同漁協の「釣りたらこ」は、日本海沿岸で伝統的に行われている「延縄」という網を使わず、釣りに近い漁法で漁獲されるスケトウダラからとった、極めて状態のいい卵巣を使用する。延縄で漁獲されるたらこは「釣り子」などと呼ばれ、見た目や味に影響する血栓や胆汁が卵巣に付着せず、雑味が無く、きれいな状態で、ワンランク高い評価を与えられる。水揚げされたスケトウダラはすぐに卵を取り出し、可能な限り新鮮な状態でたらこへ加工される。
 「紅乙女」は昔から檜山の浜に伝わる味を守っており、不要な味付けはせずシンプルな味わい。しかし、それが釣りたらこのずっしり詰まった極小粒の食感と、濃厚な旨味を楽しめる檜山ならではの味になっている。

サブイメージA

新鮮なスケトウダラが紅乙女の味を作る。

サブイメージB

水揚げ直後に次々と手早く加工されていく。

お問い合わせ先
ひやま漁業協同組合
住所:〒043-0102 爾志郡乙部町元町520
電話:0139-62-3300
FAX:0139-62-3001
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る