スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 木村屋漬け


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 木村屋漬け


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 木村屋漬け
木村屋漬け
森町水産加工品
メインイメージ
伝統の加工技術を復活させた人気の熟成鮭

 「木村屋漬け」とは鮭やサンマをぬか漬けにする製法。ぬか漬けは一般的に野菜類を漬けるが、魚のぬか漬けは道内の限られた地域で古くから行われてきた方法で「木村屋漬け」は同社の木村社長の生家で長く行われてきた製法が基になっている。
 新巻でも山漬けでもなく、前浜で水揚げされた鮭を素材に化学調味料などを一切使用せず道産の米ぬかと塩だけでじっくりと熟成させた一品。ほどよく水分が抜けしっとりとした食感になり、そこへ角の取れたマイルドな塩分と、米ぬか独特の香ばしさで深みのある味わいに仕上がる。さらに、冷めてもふっくら感を持続し、硬くならないのが特徴。現在は、鮭は一本物、半身の姿切り身、一切れ個別包装、鮭トバを取り揃えている。
 出荷される木村屋漬けのほとんどは地元森町向け。昔から鮭に親しみ、様々な食べ方で鮭を消費してきた森町民が好むという事から、この商品の実力が伺える。漁模様によって生産量の変動はあるが、地元民が支える人気の一品だ。

サブイメージA

カネヨ木村水産社長の木村俊一さん。

サブイメージB

糠漬けする事で、適度に水分が抜け旨味が増す。

お問い合わせ先
カネヨ木村水産株式会社
住所:〒049-2307 茅部郡森町字白川37-38
電話:01374-2-2264
FAX:01374-2-5851
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る