スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 ほっけのすり身


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 ほっけのすり身


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > ほっけのすり身
ほっけのすり身
松前町水産加工品
メインイメージ
小骨ごとすり身にすることで旨味を引き出す

 地元松前町産の新鮮なホッケを使用したすり身。一般的なすり身との違いは、ハラス部分の小骨を外さず、骨ごとすり身にしていること。この部分の小骨を外すと最も脂ののった部分も一緒に捨ててしまうことになるからというのがその理由だ。朝獲れたホッケを3枚に卸して中骨を取り、頭と皮を除いてから水洗いをし、1日置いて水切りをする。適度に水分が抜けたところでミンチ機にかけ、調味料等とあわせてすり身に仕上げる。
 一般にホッケのすり身は生臭いとされるが、これには理由があるという。活きの良い魚は身に弾力性があるため機械の刃をはじいてしまい、すり身にしにくい。このため、従来は少し鮮度の落ちた魚を材料にして作られることが少なくなく、これが生臭さにつながっていた。滝川鮮魚店では新鮮なホッケを何度も丁寧にミンチ機にかけることで、臭みのない旨味たっぷりのすり身を実現させた。汁物の具にしたり油で揚げたりすると、プリプリした弾力性のある食感と魚本来の旨味が楽しめる。

サブイメージA

鮮魚と加工品の製造販売を行う滝川清治さん。

サブイメージB

松前産の新鮮なホッケを原料としている。

お問い合わせ先
滝川鮮魚店
住所:〒049-1524 松前郡松前町字白神498
電話:0139-43-2087
FAX:0139-43-2087
▲上に戻る