スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 ソーランちまき


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 ソーランちまき


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > ソーランちまき
ソーランちまき
江差町農産加工品
メインイメージ
道産もち米のおこわに海産物をトッピング

 江差にちなんだ海産物を具にした醤油味のちまき。ニシン・カニ・ホタテ・アワビの4種類があり、通常は冷凍した状態で販売されている。
 この「ソーランちまき」は、江差町で中華料理店を営む小路政信さんが江差に新たな名物を作ろうと4年ほど前に開発したもの。ちまきに合う食感の道産もち米を使用しており、これに昆布、たけのこ、椎茸を細かく刻んで混ぜ、醤油で薄く味付けをして蒸し上げておこわにする。これをさらにちまき1個分の大きさに小分けにし、それぞれ具をのせてから笹の葉で巻いてちまきにする。食べる際は冷凍のまま蒸し器や電子レンジで温めるだけで良く、笹の葉の包みを開けると出来立てそのままにふっくら熱々のちまきが楽しめる。
 特筆すべきはアワビのちまき。江差の前浜で獲れた天然物のみを使用。普通は煮ると固くなってしまうアワビを独自の技術で柔らかく醤油味に煮上げており、百貨店のバイヤーからも「こんなに柔らかいアワビは食べたことがない」と驚きの声が上がる。

サブイメージA

江差の名物にしたいと語る小路政信さん。

サブイメージB

ひとつずつ具を載せ笹の葉でくるむ。

お問い合わせ先
チャイニーズレストラン美華
住所:〒043-0053 江差町字新地町27-6
電話:0139-52-0546
FAX:0139-52-0546
▲上に戻る