スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 米粉焼饅頭


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 米粉焼饅頭


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 米粉焼饅頭
米粉焼饅頭
厚沢部町農産加工品
メインイメージ
地元食材をふんだんに使った香り高い一品

 三方を山に囲まれ、自然豊かな環境の厚沢部町。そんな同町の「中国料理彩風塘」は、本格的な中華料理を提供することで評価が高く、地元厚沢部町はもとより、自動車で1時間以上かかる函館市からはるばる訪れる客も多い人気店だ。
 その中華料理店で人気なのが地元産の米「ふっくりんこ」の米粉を使い、北斗市名産の長ネギがふんだんに入った、風味の良い「米粉焼饅頭」。同店オーナーシェフの宮川朝広さんは、横浜中華街「大珍楼」、京王プラザホテル札幌「南園」の料理長を務めるなど抜群の経歴を持つ中華料理人。その宮川さんが、中華点心のひとつ「ねぎもち」にヒントを得て、地元食材をふんだんに使った料理として考案したのが、この饅頭だ。
 米粉を使うことでモチモチした食感の皮は外側をカリッと仕上げる事で食感のコントラストを演出し、具材には香り高く仕上げられたネギとプリプリの海老がぎっしり入り、大人から子供まで幅広く楽しめる一品となっている。

サブイメージA

オーナーシェフの宮川朝広さん。

サブイメージB

山間の美しい自然に囲まれたうずら温泉。

お問い合わせ先
中国料理 彩風塘
住所:〒043-1237 檜山郡厚沢部町鶉町853
電話:0139-65-6366
FAX:0139-65-6369
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る