スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 とってもとまと


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 とってもとまと


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > とってもとまと
とってもとまと
北斗市農産加工品
メインイメージ
甘みと酸味のほどよいバランスが
飲みやすいトマトジュース

 北斗市の6軒の農家の女性たちが設立した農産物直売所「六輪村」にて年間約5,000本限定で生産しているトマトジュース。トマトの収穫から瓶詰めまで一貫して手作りで行っており、トマトが旬を迎えて最もおいしくなる7月に1年分を製造している。昔ながらのトマトの味に近く、甘みと酸味のバランスが良い生食用品種「りんか」を水を一滴も使用せずに煮込んで作る。仕上げに熊石産海洋深層水塩を加えることで味の深みが引き出されるという。
 トマトの育成には、トマトの栽培法の中で最も長い期間がかかる「半促成作型」を採用。1月に種をまき7月頃に収穫することで春先には1日のうちの温度変化を受け、初夏には夏の日差しを十分に浴びて育つ。こうした気候条件を経験することで糖度7から9の高糖度のトマトが収穫できるのだという。
 トマトそのままの味でくせがなくさらりとしており、塩分も0.2%と低めなことから、市販のトマトジュースが飲めない人からも「飲みやすい」と好評だ。

サブイメージA

農産物直売所「六輪村」代表の東寺百合子さん。

サブイメージB

味のバランスが良い生食用品種「りんか」。

お問い合わせ先
有限会社 緑友会 六輪村
住所:〒049-0153 北斗市大工川48
電話:0138-73-6998
FAX:0138-73-6998
▲上に戻る