スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 自家製チーズ


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 自家製チーズ


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 自家製チーズ
自家製チーズ
七飯町畜産加工品
メインイメージ
芳醇な香りと深いコク
風味豊かなチーズを作る老舗牧場

 ゴルゴンゾーラは世界三大ブルーチーズのひとつで、チーズとアオカビを交互に重ねて作られるが、その製法の難しさから日本で製造している例は少ない。久保田牧場ではゴルゴンゾーラをはじめ、モッツァレラ、カマンベールの三種類のチーズを製造しているが、ゴルゴンゾーラだけはチーズの出来によって店頭に並ばない場合がある。
 同牧場は、昭和25年開業という道内では最も歴史のある酪農家のひとつ。自家栽培している牧草づくりには定評があり、平成21年には「北海道草地コンクール」で優秀賞を受賞するなど、その評価は高い。そんな環境で生産される同牧場の生乳は風味が強く豊かで、ミルクとしても、チーズなどの原料としても向いているのが特徴。
 昭和58年からナチュラルチーズ製造に取り組んできた同牧場のチーズは、どれも豊かで存在感のある味。あっさりした味わいのモッツァレラもコクが深く、カマンベールもなめらかな舌触りと芳醇な旨みで幅広い層からの支持を受けている。

サブイメージA

酪農へのこだわりを話す代表の久保田隆博さん。

サブイメージB

約300頭の牛がいる牛舎は明るく清潔。

お問い合わせ先
久保田牧場
住所:〒041-1352 亀田郡七飯町字軍川527-2
電話:0138-67-2559
FAX:0138-67-2559
▲上に戻る