スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 純米酒 吟子物語


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 純米酒 吟子物語


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > 純米酒 吟子物語
純米酒 吟子物語
せたな町飲料・酒類
メインイメージ
アイガモ農法の酒米で醸造された地酒

 「吟子物語」は明治30年に女医として日本ではじめて瀬棚町で開業した荻野吟子さんにちなんで名付けられた純米酒。
 同町で行われているアイガモ農法で栽培された「吟風」を使用して造られる日本酒で、秋田県の高橋酒造に委託して醸造されている。吟風は酒造りに適している米特有の中心部が白色不透明になる「心白(しんぱく)」を有しており、完成酒は味の丸さや柔らかさに高い評価を得る北海道産の酒米。その味は淡麗辛口のすっきりした風味でしつこさはなく、後味にほんのりフルーティな爽やかさを感じる。生酒と、冬期間限定の醸造後の加熱処理を一切行わない生生原酒があり、どちらも人気が高い。

お問い合わせ先
セラーズ神田
住所:〒049-4816 久遠郡せたな町瀬棚区本町792-1
電話:0137-87-3045
FAX:0137-87-3045
▲上に戻る