スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  南北海道 食彩王国 いかようかん


最終更新日:2012年4月04日(水)


南北海道 食彩王国 いかようかん


南北海道食彩王国
トップページ カテゴリーから探す エリアから探す インデックスから探す

トップページ > カテゴリーから探す > いかようかん
いかようかん
函館市パン・スイーツ
メインイメージ
インパクト抜群、お土産に最適なお菓子

 函館名物のイカをかたどった羊羹。色も形も本物のイカを限りなく追求しており、初めて目にした人のほとんどがそのリアルさにギョッとしてしまうという。元々は売り物ではなく、平成9年に店舗を改装した際に記念の展示品として作られたもの。店頭に飾っていたところ「売って欲しい」との声が多く寄せられ、販売に踏み切った。
 イカの体は固まる前の羊羹を絞り袋から絞り出して成形したもの。頭・胴体・脚の3つの部分に分けて作り、俵状にした餡にかぶせて立体感を出している。餡は白餡にコーヒーパウダーを混ぜたもので、あっさりとした甘さを出すとともに本物のイカに近い色合いを生み出している。ギョロリとした目玉は、白餡にイカ墨で黒目を描いたもの。最後に表面全体に寒天を塗り、照りを出す。数多くの工程のすべてが手作業のため、1日50から60個の限定生産。お遣い物やお土産としての人気が高く、地元だけで売れてしまうために物産展や催事などにもほとんど出品していない幻のお菓子だ。

サブイメージA

目玉もひとつずつ手作りしている。

サブイメージB

イカの体は羊羹を流して作られている。

お問い合わせ先
株式会社 はこだて柳屋
住所:〒040-0075 函館市万代町3-13
電話:0138-42-0989
FAX:0138-42-0996
関連リンク:ホームページ
▲上に戻る